ママたちの焦燥

 

平成29年8月20日(日)、子育て中のママやパパたちが「森ゆうこお話会」を開いてくれました。昨年の参議院選挙で「僕たちの選挙プロジェクト(僕セン)」を立ち上げて初めて選挙運動に参加し、上越市で自民党候補に8,000票余り勝利する原動力の1つとなった若い人たちです。

会場は山間地の古い民家。手作りの 「森さんおかえり ありがとう」「たのむね ゆうこばあば」などの横断幕と、10年味噌で作った美味しい夏野菜のお味噌汁。何よりも子どもたちやママたちの笑顔に迎えられて、通常国会や閉会中審査でオーバーワーク気味だった心も体もすっかり元気になりました。選挙事務所ではまだママのおなかの中にいたあかりちゃん(生後8か月)との嬉しい初対面もありました。

中心メンバーは6年前の原発事故の後、「子どもたちに放射能フリーの給食を」と活動を始めたものの、行政にも政治にも真面目に取り上げてもらえず悩んでいたママたちです。当時国会で給食の安全確保に孤軍奮闘していた私と縁あって勉強会を一緒に行って以来、ゆっくりと絆を深めてきました。

「これからどのような活動で支えていけばいいのか」という質問に、「今まで通り、自然に、オシャレに、カッコいいな参加してみたいなという活動を。SNSでネットワークを新潟県、日本中に広げてほしい」と的はずれな答えをした私。帰り際に代表者から「ママたちは焦っている。戦争への道をまっすぐに突き進むような法律が次々に成立して、このままの活動で子どもたちの未来が守れるのかと。」と聞き、改めてママたちの切なる願いに奮い立ちました。
ばあば 頑張るからね!


参議院議員 森ゆうこ


▲PAGETOP
新潟県のウェブサイト 参議院公式ウェブサイト 厚生労働省 小沢一郎政治塾